2003-06-02から1日間の記事一覧

マレーヴィチの評論「無対象の世界」

art

表題作を読み始める。 無対象の世界 (バウハウス叢書) 作者:カジミール マレーヴィチ メディア: 単行本 五十殿利治教授(構成主義の権威。日本での構成主義研究はこの人がいないと何もはじまらない)のあとがきを先に読んだだけで興奮。本編はぼちぼち。 古…