懐かしのアメリカンゲーム

今現在30代の人たちには通じる話題だと思うんですが。
その昔、タカラ(おもちゃメーカーのね。リカちゃん作ってるトコ。)から、「アメリカンゲーム」と呼ばれる、アメリカMB社のゲームを日本でアレンジした一連のボード系ゲームが出ていたのを覚えておりますか?

「人生ゲーム」もそのひとつだったんですが、これは有名ですし、ずっと定番ゲームとして出続けているからご存知の向きも多かろうと思いますが、その他にも「億万長者ゲーム」とか「デートゲーム」とか「社長ゲーム」とか(うろ覚え(^^;))、とにかくいろいろあったんです。
で、ワタシはこのテのゲームをたくさん持っていたの。よく遊びました。よく遊んだゆえに思い出深く、今もあのゲームがあったら楽しかろうなぁ...と、自分に子供ができてから思うようになったのですが、とっくの昔にこれらのゲームはことごとく廃盤になってしまっていたのです(「人生ゲーム」以外は)。

我が家でも「人生ゲーム」はすでに5代目です。
2代目は実家で現物を所持しておりますが、これも1代目とは仕様が違っていて、アメリカンなムードは少し薄い。5代目ともなると完全に日本のゲームです。豪華になったわりにはつまんなくなってるし。(今のって、ダブル盤面なんですよ...やたら長いの。)
まーそんなこんなで、「ああ!あの頃のアメリカンゲームがあったらなぁ~」と思っていた矢先のこと、なんと!タカラさんから、かつてのアメリカンゲームを続々復刻しますよーとの嬉しい発表が!
そしてその第一弾として「手さぐりゲーム」「レーダー作戦ゲーム」「よこどりゲーム」の3作がこの夏、登場しました。
うひ~~~。興奮。
だって「手さぐりゲーム」なんて、大好きだったし~。「よこどりゲーム」も夢中になってやったもん。「レーダー作戦ゲーム」...はちょっと知らないんだけど...ま、なにはともあれ勇んでおもちゃ屋にGOGO。
で、買って来ました「手さぐりゲーム」。
昔ながらのその素朴な(単純とも言う)ゲームに、やっぱりウットリ。
コンピューターゲームにハマっちゃってゲーム脳になる寸前のお子ちゃまがいるようでしたらば、ぜひこのようなコミュニケーション型ゲームを買い、家族で顔を突き合わせながら楽しい団欒の時を過ごすのも一考かと。つか、ウチみたいにコミュニケーション型ゲームといえば即、「麻雀?」「こいこい?」ってなウチもね...そんなんより子供向きですので(^^;)。
てなわけで、お盆はこれ持参で帰省して大いに楽しみました。
「入れ歯」も健在よ(笑)。

 

おっ。こんなところにラーメンが。

f:id:freaky47:20200412005142j:plain

手さぐりゲームのトラ&海洋堂の北海道フィギュア(サッポロビールのオマケ)をアレンジしてみました。
手さぐりに飽きたら、こんなデジ写真撮って盛り上がったりもできます。多彩な遊びの応用が利くので、お子ちゃまのいるご家庭にはオススメよ←「手さぐりゲーム」

 

手さぐりゲーム

手さぐりゲーム

  • 発売日: 2003/07/24
  • メディア: おもちゃ&ホビー