中平康レトロスペクティヴ

今、渋谷のユーロスペースで表題の特集を上映してます。
中平康監督ってのは、日活救世記念塔ともいえる石原裕次郎主演の「狂った果実」とか、加賀まりこ主演で今でもモード系なファンが多い「月曜日のユカ」とか、斬新でオシャレな作品が多い監督さんですが…香港のショーブラザーズ系列の作品にも関係しているらしいね?私、こっち(古い香港映画)方面は全然わかんないのですけど。
ま、それはともかく。
先日来、石坂浩二激惚れのため昔の映画を掘り起こしたりしているワタクシ。
そん中でも特に見たい映画に「青春太郎」っていう作品があんのね。67年の中平監督作品で…たぶん初めて兵ちゃんが主役張った映画だと思う。
これ、以前一度CSで観てビデオに録ったんだけど、あまりにも兵ちゃんがステキなので、啓蒙のために(笑)元テープごと友達にあげちゃって、そのままソフトの所在がわからなくなっちゃったんだよねぇ。あー、バカだ。
てなわけで、今度いつ見られるんだろうなぁ…なんて、遠い目をしていたところ、昨夜になってこんなグッドタイミングな企画上映やってるのを発見したのでした。オドロキ。
なんでしょうこの素敵なタイミング~♪は。…呼ばれちゃってるのかにゃーなんちて。
こりゃどうしたって行かなきゃでしょう。時期的にちょうど忙しいときなんだけど…大画面で「青春太郎」見られる機会なんてそうそう無いっすもんね。行きたいなぁ。

この映画の兵ちゃんは、爽やかリーマンなんですよぅ。背広がイカしてるんだ。すらーっと爽やかでね。髪も7:3だったし(8:2くらいかな(笑))。
高度成長期に量産されたサラリーマン・コメディの系譜なのかもしれませんが、監督が中平康ですからね。そこはちょっと他とは違ってスタイリッシュなのよ。ビジュアル的にも27歳で絶好調な兵ちゃんです(ポ)。
どうして兵ちゃんが日活の中平監督の作品に出たのかよくわかんないんだけど(作品自体は日活でなくて東京映画ですが)撮ってくれて良かったなぁーって思う。