寒い冬の朝にはブルースを聴く。

ちょっと最近気が滅入ることが多いので、景気付けにブルースブラザース(常備薬(笑))を片手間に観たり聴いたりしてます。
ああ…でも、禁煙してマイカーも無い身の上で聞くブルースブラザースってわりとサビシイ(涙)。ダッヂが欲しいー。くわえタバコでどこまでもドライブしたいー。誰か私に車を一台ください…ポンコツでいいから。ショボ~ン。
で、今更ながら、劇中でエルウッドがシカゴの高架脇にあるアパートの自室でかけるレコードの曲(超級格好いいジャズなんです)が気になって誰のなんという曲なのか調べてみました。
どうやらルイ・ジョーダンの「Let The Good Times Roll」って曲のようだと判明。
こちらの曲です。


Louis Jordan Let The Good Times Roll

いいーーー!!!
今度ショップに行ったらこれを探してみよう、と新たな目標を一つ得たということで。
そんだけ(笑)。
こうしてアタクシのリスナー道は亀の歩みの如くかすかに進歩してゆくのだ。