懐かしき漢たち

すっかり忘れていても毎年この時期になると報道を通じて思い出すのはフードファイターのみんなのこと。
今年もNYでの独立記念日ホットドッグ早食い競争でタケル(小林尊くん)がチャンピオンになりましたね!
でもって2位はシロタン(白田信幸くん)だ(^-^)。
う~ん、スゴイ!流石ですわ。
国内ではすっかりブームも去ってしまい、大会まで見に出かけていた私でさえすっかり忘れ果ててしまったフードファイターたちですが、彼らはこうして、今でもちゃんと我が道を歩いているんですね。地道に初志貫徹してる。スゴイなぁ。
なんか、学ぶものがあるね。
プリンス・タケルはかつての華奢な体はどこへやら、今や堂々たる体躯。記録も更新しての優勝もうなずける成長振りが見て取れました。男らしくなったねぇぇ。シロタンは相変わらずの大男(笑)。
フードファイターの道はすごくツライだろうけど、その顔に充足感が伺えただけでも、かつてのファンは「ああ、良かったなぁ~」と思うのでした。
FF、みんないい子たちばかりだったし、国内の悲惨な事件(FFを真似した中学生の窒息死。以来、ブームが衰退。)で、彼らが傷つくのは見ていられなかったから、いっそのことFFなんて辞めて欲しいと、かつては思った事もあったけど、地道にこうして活動してる彼らの姿を見ると、今では「どうか幸せな気持ちで、好きな事に邁進して欲しい」と願うのみです。
健康に気をつけて。