定期健診(33週)

貧血が酷くなっているので、とうとう静脈注射のほかに経口剤(フェロミア 50mg)も処方されました。
これ、嫌いなのに~(涙)。ますます食欲なくなりそう。

妊娠中毒症を判断するため、という名目で採血あり。
尿糖、浮腫、蛋白、体重、血圧、すべて異常なし。体重は2週間前より500グラム減りました。
べべは推定400グラム増えてるので、1キロほどアタシは痩せた事になるわけね(笑)。
っていうか、もう9ヶ月なのに私、妊娠前と比べて3キロしか太ってないのよ?それでも「体重管理にはくれぐれも気をつけてね」と言われるのはな~ぜ~?言っておきますが私がもともとデブだってわけではないのよっ。

逆子は相変わらず直りません。例のごとく鍼灸の施術を受けるものの変化なし。
今月いっぱい週一のペースで鍼灸をして改善を図り、それでもダメなら予定帝王切開、ってことになりそうです。
どうしても下から産みたい、って希望があるわけでもなく、ただ無事にべべが産まれてくれれば何もいうことは無いので、先生の判断に全てお任せ。

帝王切開の術後の痛みと、自然分娩の陣痛はどっちが痛いんだろう??と思うと、ちょっとビビりますが…大半の人が陣痛の方が痛いと言ってますね(^^;)。
確かにあれは痛かった。でも、産んだあとの爽快さ、気持ちよさは筆舌に尽くしがたいし…帝王切開だと、陣痛の痛みは無い代わりに、産んだ後のそういう心地よさもナシに終わってしまうのだと思うと、それも寂しいやね。体にメスを入れるのも怖いし、手術になっちゃったら旦那に立ち会ってももらえないだろうし、入院も長引くのかなぁ…とか。いろいろ気になることもある。
でもまぁ、考えてもしょうがないことだしね。なるようになりましょう。
べべが安全な方法が取れれば産み方はどうでもね。