宇都宮餃子共和国

宇都宮は知るひとぞしる餃子の街です。
駅を降りたら「餃子像」が出迎えてくれますし、お休みの日ともなると各地から食べ歩きグルメさんがワラワラとやってきて、有名餃子店に長蛇の列を作ります。ご当地お土産菓子はほとんど餃子味だし(それかイチゴ味。「とちおとめ」も名産なので)。
我が家も週に一度は餃子食べます。

というわけで、
7月の末に地元にできた食のテーマパークへ行ってきました。
その名も「宇都宮餃子共和国」。サイトはここです。
ナンジャタウン」「台場一丁目商店街」みたいな昭和30年代の風俗を再現した町並みに餃子屋が並んでるというコンセプト。

しかし狭い。
混んでると何がなんだか…の世界です。土日や繁忙期に行くのは挑戦かもね。
食べ歩きするのが面倒で一気にいろんな店の餃子を食べたいという人には向いてますが、できれば市内に点在する各店舗に足を運んだ方がいろんな意味で楽しいかもと思います。
でもここ、宇都宮の餃子屋以外のお店も入っていて、私ら地元民はそっちを目当てにこういうとこに足を運ぶわけ。
横浜中華街の「招福門」のエビ揚げ餃子や浪花餃子庵包包の一口味噌だれ餃子を食べました。
味噌だれはビミョー。
エビ餃子は美味い!!こういう餃子(点心系)は宇都宮にはないので嬉しいです。
でもね、でもね、エビ餃子に味の素のマヨネーズつけて寄越すのってどうよ?
名店だというプライドあるなら調味料くらい自分トコで作ったって良さそうなもんだと思いますが。
だって「マヨネーズで食え」って…ねぇ。ウソでしょって感じ。餃子自体が美味いからなおさら残念です。

 

f:id:freaky47:20200404020659j:plain

↑入り口のゲートは「オリオン通り」の看板が。
オリオン通り」とは宇都宮市内の中央商店街アーケードの名前です。

 

f:id:freaky47:20200404020703j:plain

↑見よ!ポストの投函口が餃子の形。こうしていろんなところにある小物も餃子尽くしです。
皆様もお近くにお越しの際にはぜひ。