葡萄染め

頂きものの葡萄の皮がたくさんあったので、毛糸を染めてみました。

葡萄を食べるたびに皮を捨てずに残しておいて、ある程度の量が溜まったら染め物に使えます。
毛糸100gだったら巨峰が3房もあれば大丈夫かな。

ご参考までに今回の手順などを書いておきます。


1)毛糸100gを輪にしてゆるく縛り(2箇所は束の半分ずつ縛ります)ぬるま湯につけておきます。

2)2リットルのお湯をなべに用意し、大匙1パイの焼きみょうばんを入れ、火にかけます。

3)ぬるま湯にあたたまったら毛糸を2)に入れ、中火で沸騰するまで火にかけ、沸騰後はトロ火で30分ほど煮ます。

4)葡萄の皮をなべに入れ、ひたひたの水を注いで火にかけます。沸騰したら弱火で30分煮詰めます。

5)3)と4)を火から下ろし、冷まします。熱が取れたら4)を3)に入れます。

6)かき混ぜながら、沸騰するまで中火にかけ、沸騰後30分ほどトロ火で煮ます。

7)時間がきたら火を止め、そのまま半日(12時間)放置します。

8)よく水洗いをし、陰干しをしてできあがり。

f:id:freaky47:20200404020516j:plain


草木染めは全体的に色が強くは出ないんですよ。
さらに何度か洗ってるうちに褪せてくる。
今回も、藤色というか、ちょっとグレーっぽいくすんだ色です。
じきにホントのグレーになるでしょう(笑)。
中途半端な色味といってしまえば、そうなんですよねぇ。
それでも、人工的でないその色合いはすごく癒される、優しい雰囲気をもったものです。
特別な道具も必要としないし、煮物気分で簡単にできるのでオススメ。
他にもタマネギや紅茶などが発色がいいかな。

染め物は蛋白質が含まれているほうがよく染まるらしいので、毛糸は純毛が適してます。
綿の布などを染める時はまた少し方法が違うようです(私はやったことないのでわからないのだけど、媒染に牛乳を入れたりするみたい。)
今回使った糸は1玉180円くらいで売ってるごく普通の純毛の並太毛糸です。
元の白い毛糸と2色使いで編み込みなどしてみたら面白いかも。
洗うたびにどんどん同化してゆく格子模様♪とかね(笑)。